top of page
  • 執筆者の写真Han

ケーススタディ:亡くなった人の思いを知りたい〜謝れずに逝った叔母〜

実際にミディアムシップ(スピリットとの交信)を受けられた方の了解を得て、セッションの流れを書いていきます。



M様 40代 男性


<ご相談内容>

・ほとんど親代わりにお世話になったのに、ある行き違いから一方的に連絡も取らないまま突然亡くなられた叔母様に謝罪したい。亡くなった人の思いを知りたい。


※本当に叔母様とコミュニケーションが取れるのか、きちんと出てきてくれるのか。は正直疑問に思っている




叔母様と私が繋がりました。


まずクライアント様に、叔母様へのお気持ちを語って頂きました。

クライアント様は直接言う事が出来なかった、謝罪の気持ちを仰っていました。


叔母様はクライアント様がそんなに気にしていたと思っていなかったらしく、

謝罪を受け入れる、というよりは驚いていたのが印象的でした。


もちろんクライアント様に対して怒りやわだかまりの気持ちなどもありません。


それをお伝えすると、クライアント様はそれが意外というお気持ちからか、

別に叔母様に謝罪を受け入れてほしいと思っていたわけじゃない、

自分が伝えられればそれでいいんだけど、と少しがっかりされていたので、

叔母様に、今の状態やお気持ち、伝えたいことが無いかお聞きしました。



そうしましたら

クライアント様を父母替わりに世話をしていた時はとても楽しかった事、

クライアント様がいる事で自分自身も充実したり、

バランスをとることが出来ていた事、

だから感謝するのはこっちの方だと仰っていました。


そして、行き違いに関してはその時は悲しかったかもしれないけど、

今はもう忘れたし何も気にしていない。だから謝る事なんて何もない、と。



海外に埋葬されていて普段お墓参りなどが出来ない今の状況については、

スピリットである叔母様ご本人の意思でもあるので、

それに代わることを何かして欲しいとかは全くない、今の状況はとても満たされていて、

晩年に叔母様が生涯ずっと探して望んでいらした事を見つけ、

短い間でもそれを掴むことが出来た事を心より歓んでいることを伝えてきました。



手のひらいっぱいの感謝の花


それでもクライアント様は、やはり血縁者として

一通りの事をしてあげたかったというお気持ちと、

晩年実際にお会いして話をしていなかったからか、叔母様がそのように満たされた状態にあるという事を100%受け入れがたいお気持ちがあるようでした。



そこで叔母様であるスピリットに、

そういうクライアント様に対して、この方にとってご納得頂ける部分を見つけられるような言葉を頂けるようお願いしましたら、いつもクライアント様の事を呼んでいたであろう愛称で、語りかけてきてくださいました。




" Mちゃん、Mちゃんがそういう風に自分を責める性格なのは分かってるよ、


Mちゃんは私と似てるところがあるからね。


唯一私の味方をしてくれていた~ちゃんが存在してくれた事は

いつも私の心の支えだったよ。


行き違いはあったけど、それが無ければ子離れ出来なかった、そして自分が本当に求めていたものを掴むことも出来なかったんだから、これで良かったの。


私の選択を100%理解出来ないのは分かっているけど、私は今とっても幸せだから安心してね。"





私が何かの解釈を入れることなく、

叔母様であるスピリットが言われた言葉をそのままお伝えしましたところ、大きくため息をつかれて、


『きっと叔母が本当にそう言っているんだと思います、とっても叔母らしい言葉です』と仰っていました。



クライアント様が今回のセッションを受けての感想を頂いていますので、次にご紹介したいと思います。

(2015/10/10)






Comments


bottom of page